Windows 10アップデートKB4020102(OSビルド15063.332)リリース

マイクロソフトは、Windows 10 Creators Updateの多くの問題を修正するために、5月に2番目の更新(KB4020102)をプッシュします。今すぐダウンロードしてください!

Windows 10は、通常のパッチ火曜日のスケジュール以外で累積的な更新KB4020102を取得しています。これは、Microsoftが5月にクリエイターズアップデートで展開する2番目のアップデートであり、新機能は含まれていませんが、バージョン1703のさまざまな問題に対処しています。



KB4020102は、15063.332をビルドするためにWindows 10のバージョン番号を上げ、一部のアプリでのビューの分割、サインイン画面の不要なスクロールバー、インストールに失敗するプリンターなどの問題を修正します。このアップデートは、インストール後のオーディオの問題も解決します Windows 10 Creators Update、そしてもっとたくさん。



Windows 10ビルド15063.332の新機能

マイクロソフトはその中でKB4020102を発表しました サポートサイト、「2017年5月25日-KB4020102(OSビルド15063.332)」と呼ばれます。 PCと電話(リリースプレビューリングに登録済み)でWindows 10クリエイターアップデート(バージョン1703)を既に実行している場合、このアップデートはOSに関する次の問題にのみ対処します。

  • 4 GB未満のRAMを搭載したマシンでプリンターベンダーのセットアップソフトウェアを使用すると、ネットワークプリンターがインストールに失敗する可能性がある問題に対処しました。これらのプリンターは、設定アプリまたはからインストールするとインストールされます デバイスとプリンター コントロールパネル
  • Creators Updateのインストールに関する問題が修正され、外部デコーダーを介したオーディオ出力が機能しなくなりました。
  • ログオン資格情報プロバイダーダイアログの不要なスクロールバーの問題に対処しました。
  • メッセージを削除しようとすると機能しなくなるSMS /メッセージングアプリの問題を修正しました。
  • IoTシェルが監視対象のバックグラウンドアプリケーションの実行を維持できない問題に対処しました。
  • CredGuardが有効になっているときにNTLMがチャレンジ応答を生成できず、NTLMv2が使用され、サーバーからターゲット情報が提供されない問題を修正しました。
  • Internet Explorerがお気に入りを開くときに「エンタープライズモードサイトリストに含まれていないすべてのサイトをMicrosoft Edgeに送信する」ポリシーを尊重しない問題に対処しました。
  • 管理者以外のユーザーがActiveXコントロールをインストールできないIE11の問題を修正しました。
  • 一部のアプリ(Microsoft Edge、Hub、Cortanaなど)での分割ビューの開始時の問題に対処し、複数のディスプレイが使用されているときに入力を受信しなくなりました。
  • 仮想マシンのリセット中の問題を修正しました。
  • 非ラテン語の1バイトシステムロケール(ギリシャ語、ヘブライ語、アラビア語など)で文字を正しくレンダリングしない非Unicodeフォント(Courier、MS Sans Serifなど)の問題に対処しました。
  • ユニバーサルWindowsプラットフォーム(UWP)MIDI APIを使用する際の高遅延の問題を修正しました。
  • 対処方法PrintBRMの問題は、プリンター名が同一で、ポートが「FILE:」に設定されている場合、印刷キュー構成の復元に失敗します。
  • ユーザーごとのプロキシ設定がマシンのプロキシ設定に移行しない問題を修正しました。

このWindows 10更新プログラムをダウンロードする方法

PCおよびモバイル用のWindows 10ビルド15063.332(KB4020102)はすぐに入手できます。新しいアップデートは自動的にダウンロードおよびインストールされますが、いつでもアップデートを強制できます 設定 > アップデートとセキュリティ > Windows Update をクリックして アップデートを確認する ボタン。



最新のWindowsアップデートの詳細については、 このリストをリリース日、KB、ビルド番号などで確認してください。。

この更新プログラムは、次のリンクを使用してMicrosoftから直接ダウンロードできます。