マイクロソフトは新しいKB2993651更新で8月のパッチ火曜日を修正

少数のPCでの火曜日の8月のパッチに関する最近の問題の後、Microsoftはアップデートの配布を中止しました。同社は本日、KB番号「KB2993651」で説明されている新しいパッチで問題を修正したようです。

8月の火曜日にMicrosoftのパッチをインストールした直後に、少数のユーザーが、アップデートによりシステムでブルースクリーンオブデス(BSOD)とブートエラーが発生したと報告し始めました。会社は問題を認め、更新を一時的に削除し、そして パッチをアンインストールすることを推奨するユーザー



同社によると、問題のアップデートは、 KB2982791、いくつかの既知の問題がありました:Windows 8とWindows 8.1、Windows RT、およびServer 2012 R2にインストールされたフォントの不適切なレンダリング、およびオペレーティングシステムのFontsフォルダーのロックダウン。



KB2993651 セキュリティアップデートは問題を解決したようで、以前の問題のあるパッチを置き換えます。

この更新プログラムは、Windows Updateからすぐに入手できます。それでも解決しない場合は、 コントロールパネルWindows Update、更新チェックを行います。パッチをインストールした後、再起動するように求められます。



それは 重要 以前のアップデートをアンインストールすることを強くお勧めします。 KB2982791、交換品を取り付ける前 KB2993651;ただし、新しい更新プログラムを古い更新プログラムの上にインストールしても、影響はありません。

ソフトウェアメーカーは、8月のパッチ火曜日のアップデートで最近の問題に対する修正をリリースしましたが、会社はまだ 一連の既知の問題を一覧表示しますサポートサイトで 書体 問題は、Microsoftがまだシステムクラッシュの問題を完全に解決していないことを示しています。

ソース マイクロソフトそして マイクロソフトセキュリティ情報MS14-045